児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

「薄毛票」の争奪戦と化した3月の大統領選 韓国エンタメよりも面白い

公開日: 更新日:

 以前、韓国人男性から言われたことがある。

「韓国では背の低い美人よりも、背の高いブスのほうが好まれる」と。別の男性にも聞いてみると「高身長の女性と付き合うのがステータス」という話だった。

 外見重視の美容大国では“低身長”と“肥満”が体に関する悩みで上位を占めているが、それ以上に深刻なのが“薄毛”の問題だ。5000万人の韓国人のうち、薄毛に悩む人は1000万人近いといわれている。それも高齢者だけでなく、20~30代の若者にも多いというのだ。見た目の良し悪しは面接を伴う就職採用試験に直結する問題だが、効果があるとされる医薬品は海外から輸入するので治療費は高額になる。20万~30万円といわれるカツラも使っているうちに毛が抜けるので1つでは足りず、負担が大きいそうだ。

 こうした社会問題(?)を利用したのが大統領選の与党候補・李在明(イ・ジェミョン)氏だ。「脱毛治療の保険適用」を公約に掲げ、国民を驚かせた。くしくも韓国語では「毛を抜く」と「選出(投票)」が「ポッタ」という同じ言葉になる。李在明氏は動画で有権者にこう問いかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”