防衛省が“口だけ先手”岸田首相に恨み節…ワクチン接種予約殺到「なぜウチだけ忙しい?」

公開日: 更新日:

 新型コロナ・オミクロン株の感染拡大を受けて再開した自衛隊ワクチン大規模接種に申し込みが殺到し、防衛省の担当者は「なぜウチだけ忙しいのか!?」と悲鳴を上げている。

 岸田「口だけ先手」首相の再開表明は1月11日。昨年の接種会場の片付けも終わっておらず、まさに「寝耳に水」。それでも人繰りが厳しい中、1月中の再開に向け急ピッチで準備し、同31日に東京会場で接種開始にこぎつけた。ただし1日当たりの接種数は昨年の1万人から、当初は約700人、1週間後に約2000人と大幅な縮小を余儀なくされた。

 予約は初回が9分、2回目も15分で埋まる“人気”ぶり。接種ペースを上げたい岸田首相の意向で、接種開始3日目には約5000人への拡大も決められた。自衛隊と同じモデルナ製ワクチンが避けられる傾向にあり、枠の余裕が目立つ自治体接種とは対照的だ。「選ばれなくなれば、接種環境が整った証しだ」と自治体接種の本格稼働を待ち望む職員もいる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?