ゼレンスキー大統領の「したたか忖度」演説 安倍・岸田両氏を安堵させたその先の狙い

公開日: 更新日:

 警戒されたような厳しい批判も無理筋の要求もなく、安倍元首相と岸田首相はさぞ安堵したことだろう。

 23日行われたウクライナのゼレンスキー大統領のオンライン国会演説は、「日本はすぐ援助の手を差し伸べてくれた」「アジアで初めてロシアに圧力をかけたのが日本」など感謝の言葉が繰り返され、終始、穏やかなムード。「ウクライナ人は日本の文化が大好き」「価値観が共通している」と親近感のアピールに力点を置いた内容だった。

 ゼレンスキーの演説は、ドイツでは、ロシアからの天然ガスパイプライン「ノルドストリーム2」を侵攻の土壇場まで維持したことを糾弾し、ドイツがロシアに戦費を稼がせたと痛烈に批判。

 イスラエルでは「防空システム」を念頭に、兵器の供与をストレートに求めていた。

 日本に対しても、対ロ経済協力をヤリ玉に挙げ、安倍元首相が赤っ恥をかかされておかしくなかった。軍事的支援を要求され、日本政府が憲法9条との兼ね合いで困惑する事態に陥る可能性も囁かれていた。しかし、ゼレンスキーはいずれも“封印”。日露戦争も原爆の話もなく、東日本大震災や福島原発事故をほのめかした程度だった。

「日本とロシアの関係には触れず、安倍外交のメンツを立てる配慮が見えました。加えて、日本の政治家たちの功名心をそそる内容でした。国連安保理の改革の必要性を訴え、日本に常任理事国に入って欲しいという希望をにじませた。『アジアのリーダー』という表現で、実際は斜陽の日本を持ち上げてもいた。そこには、現実にアジアの盟主になりつつある中国を牽制する意図もあったと思います」(高千穂大教授・五野井郁夫氏=国際政治学)

「復興」で支援を要求

 印象に残ったのは、日本に求めることとして、ロシアに対する制裁の継続とともに、「復興支援」が強調されていたこと。「人口が減った地域の復興を考えないといけない」「避難した人たちが故郷に戻れるようにしなければならない」と訴えかけた。

「復興のところで日本に入って欲しいということでしょう。安全保障上、日本ができないことは求めず、できることをしっかり要求してきた」(五野井郁夫氏)

 ウクライナ政府は、ロシアの侵攻により既に1000億ドル(約12兆円)相当のインフラが破壊されたとしている。復興費用は天文学的に膨らむ。

 日本を持ち上げ、友好関係を前面に出し、安倍元首相や岸田首相には忖度。その先には、復興への莫大な資金援助の期待がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声