シニア世代は備えておきたい お金にまつわる「5つのリスク」

公開日: 更新日:

 東京都在住の会社員、栗原雄一氏は52歳。40代後半になって、老後に待ち受ける生活リスクに備えるようになった。

「マイホームの購入は、41歳の時でした。35年ローンです。65歳時の残債は、1000万円を超える計算です。退職金で完済する方法もあります。しかし、そもそも退職金は老後資金として、とても重要です。現役時代に繰り上げ返済をして、残債を少しでも減らそうと思っています」

■晩婚化も影響

 日本経済新聞朝刊(2020年10月5日付)によると、住宅ローンの完済予定年齢は平均73歳だ。背景には、晩婚化や借入金額の増加がある。栗原氏は、こうした老後の残債リスクに対処しようとしているのだ。

 老後の生活リスクはまだある。

●浪費のリスク

「退職後にお金を長持ちさせるには、お金の引き出し率と資産配分のバランスが重要です。例えば、株式と債券に投資した場合、毎年10%の割合で換金すると10年程度で投資したお金はゼロになってしまいます。無駄金は使わず、運用中の資産にはできるだけ手を出さないことが鉄則です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾