電気代が重くのしかかる住居環境とは? 解放感重視の設計が落とし穴に

公開日: 更新日:

 政府は21日、「物価・賃金・生活総合対策本部」の初会合を開き、節電に協力した家庭や企業に成果を還元する制度を整備する方針を示した。岸田首相は「実質的に電気代負担を軽減する」というが、高騰する電気料金の負担は頭が痛い。

「2022年度の電力需給対策について」(5月17日、資源エネルギー庁発表)によると、今年夏季の電力需給は、非常に厳しい見通し。

 そこで一戸建てに居住中の人の「電気代」について興味深いデータがある。25歳以上45歳未満の男女全国1254人を対象に「家の電気代」についての調査(「YouTube不動産」調べ)だ。

 それによると、「ここ半年くらい、以前より電気代が高くなったと思うことはあるか」の問いに70.5%が「思う」と答えている。

 また、電気代の値上がりを実感する人に「理由で当てはまることは何か」を聞くと、思い当たることとして、「リビング階段がある」(19.8%)、「大きな窓がある」(14.1%)、「吹き抜けがある」(12%)、「窓が多い」(10.4%)、「家電製品が古い」(9.6%)などがあげられた。一方で、「電気代が高くなったと思わない」とした約3割の人に理由を聞いたところ、「窓ガラスが二重または二重サッシ」(27.9%)、「高断熱高気密の家に住んでいる」(26.8%)、「まめ節電している」(24.6%)、「家に吹き抜けやリビング階段がない」(21.8%)、「家電製品が新しい」(18.2%)などと答えていた。

 LDKが吹き抜けになって冷暖房効率が悪くなったり、リビングと一体化した和室や土間と続いているリビングなど、開放感を大切にして考えられた設計、窓の多さなど快適さを求めた結果、電気代がかさむケースが多いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾