出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

(58)朝日新聞販売所の“外国人頼み”を助長する「人手不足」「部数減」「押し紙」

公開日: 更新日:

 都内の朝日新聞は、配達の4割程度をベトナム人奨学生をはじめとする外国人留学生が担っているとみられる。そして彼らの多くが「週28時間」を超える就労を強いられている。なぜ、そんな状況なのか。朝日の新聞販売所関係者が言う。

「理由は2つ。その1つが販売所の人手不足。都会では、新聞配達をしようという日本人は珍しい。同じ配達の仕事ならウーバーイーツの方が時間は自由だし、金になりますからね。中小の販売所には、経営者が自らバイクで新聞配達しているような店もあります。数年前までは考えられなかったことですよ」

 コンビニで夜勤のバイトが見つからず、オーナーが徹夜で働くケースがあるが、似たような状況が新聞販売所でも起きているわけだ。

「もう1つの理由が経営難です。販売所の経営はどこも苦しい。だから人件費の安い外国人に頼ろうとするのです」

 販売所の主な収入源は新聞の「購読料」と折り込みチラシの「広告料」だが、どちらも近年、落ち込みがひどい。

 一般社団法人「日本新聞協会」によれば、一般紙の販売部数は昨年10月時点で3066万部と、1990年代のピーク時から2000万部、直近の6年間で1000万部も減った。かつて「800万部」を誇った朝日の部数も、昨年11月で449万部と、前年比で40万部以上減少(「日本ABC協会」データ)している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍