機内に持ち込めない客のペットを4カ月も預かったのに…米航空会社職員の美談に異論の声

公開日: 更新日:

 当初は「ハートウオーミングな話」として報じられていたが、あれこれ異論も出て……。

 米フロリダ州タンパの大学に通うキラ・ラムフォラさん(写真中央)は1年生の時、寄宿舎生活の寂しさを紛らわすために、淡水魚のベタに「セオ」という名前をつけて飼い始めた。

 今年5月、春学期が終わって実家に帰省するために、セオを小さな水槽に入れ、タンパ国際空港からサウスウエスト航空に乗ろうとした時、搭乗手続きで止められてしまった。

 同社の規約で「生きた魚を機内に持ち込むことはできない」という。

 さて、魚をどうするか。対応に当たった顧客サービス担当者のイシュメールさん(姓は非公開=同右)は、キラさん、それに彼女の父親と電話であれこれ話し合ったが、解決策は見つからず……。

 最終的にイシュメールさんは「夏休みが終わってタンパに戻ってくるまで僕が預かってあげるよ」と申し出て、キラさんもこれに甘えることにした。

 イシュメールさんは一緒に暮らしている婚約者で同じくサウスウエスト航空で働いているジェイミーさん(同左)と一緒に約4カ月間、自宅でセオの世話をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声