髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

ドイツで大麻が合法化…日本でも2023年12月に大きな法改正があったが勘違いは禁物

公開日: 更新日:

 ドイツで4月1日、18歳以上の大麻の所持・消費を条件付きで認める法律が施行され、大麻所持などが条件付きで合法化されることになりました。具体的には、個人で使用する目的であることを前提に、公共の場では25グラム、自宅では50グラムの大麻を所持することや、3株まで栽培することなどが認められています。

 一方で、大麻の有害性がすべて否定されたわけではありません。ドイツで施行された新法においても、18歳未満の者による使用や18歳未満への譲渡に対する罰則が強化されたほか、学校や子どもの遊び場の付近で大麻を使用することが禁止されるなど、子どもが大麻を使用することに対する悪影響が懸念されていることがうかがえます。それでもなお合法化に至った理由は、闇市場での取引を規制し、薬物犯罪を減少させることにあるようです。

 では日本はどうかというと、まだ大麻の個人使用が認められていませんし、昨年末の法律改正をみても、個人使用が認められるのはまだまだ先なのだろうなと思います。

 2023年12月の大麻取締法改正は実はかなり大きな改正でした。まず大麻が「麻薬」と位置付けられ、大麻取締法ではなく麻薬及び向精神薬取締法による規制を受けることとなりました。これは、大麻から製造された医薬品の有用性が海外で認められ始めていることを受け、日本国内でも大麻関連の医薬品として利用・摂取することを認めるための改正という側面があります。その一方、改正により、従前処罰されていなかった大麻の使用も、他の麻薬と同様に処罰されることになりましたので、一般的には、大麻関連の処罰範囲が広がったという受け止め方がされている印象です。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速