金沢八景「亀遊舘」うぎゃ、あちー…周りの悲鳴で恐れた爆風は意外にも優しかった

公開日: 更新日:

「亀遊舘」(京急金沢八景)

 評判を耳にしていた「亀遊舘」は1942年創業で、京急線金沢八景駅から歩いて10分ほど。閑静な住宅街の中、若きサウナーY君と突撃した。券売機で入浴料+サウナ代(タオルセット付きで2時間制)960円を購入。フロントで券と引き換えに、サ室用フックキーを受け取る。

 早速、服を脱ぎ、浴場に入る。地下約60メートルから湧き出る井戸水の白湯は42度。大きな湯船は、3つのコーナーに分かれていて、まずは炭酸泉へ。滑らかな湯に肩までつかると「あぁ~」。真ん中の「ゆったり風呂」に移動すると、冷水枕付き寝風呂2床のうちのひとつでバイブラを受ける。背中にジェットが当たってまさにゆったり。そして「リラックス風呂」の座風呂で腰やふくらはぎ、足裏にボボボ。

 苦手な電気風呂では、年配客が平気な顔での~んびり。「どれどれ」と体を沈めると、強めのエレキに跳び上がった。オヤジに負けまいと、脚だけつけて疲れをとったところで、サウナへGO!

 ビート板を手にドアを開けると、爽やかな香りに包まれた。2年前にリニューアルされ、新しさを感じる室内は対面2段ベンチで定員16人。平日でもまずまずの客入りで、上段の空席にどっこいしょ。ベンチ下の間接照明といい、流れるジャズといい、オーセンティックバーのような雰囲気が落ち着くぞ。

 奥の遠赤外線ガスストーブは100度強。アロマ水蒸気が発生する仕組みを備え、当日は白樺バーチだった。

 部屋からガラスドア越しの時計を目安に汗を流そう。チャレンジ態勢に入ると、先に入っていたY君は8分でギブ。ならば、ボクは10分! 年上の威厳を見せようと、じわ~っとくる輻射熱に耐えるも、1分短い7分でギブ。負けたー。思ったよりストロングね。

 浴場奥の広めのバイブラ水風呂はチラーでキンキンの12度。くかー、肌を刺す冷たさはマジ気持ちイー。

 おやっ、スーパーマリオブラザーズのコスプレ姿のスタッフが浴場に登場。サ室のマットを交換すると、爆風サービス開始のアナウンスが流れ出した。マジか。Y君と一緒に急いでサ室に戻ったら、「イス、いかがですか?」とマリオに勧められたのは、「サウナキング」と書かれた木製椅子で1脚のみ。

 半ば強制的でも、断ったら男じゃない。覚悟を決め、上段に椅子を置いてスタートを待つ。

 短い前口上後、マリオがミストスプレーでくまなくブラックフォレストのアロマを拡散すると、湿度計の針が15%から20%に急上昇したのに続き、バズーカ砲みたいなブロワーで爆風を浴びせる。一人一人に約20秒。

 周りで「うぎゃ」「あちー」と悲鳴が聞こえるたび、「そろそろだよなぁ」と怖くなる。熱さで耳がジンジンしてきた。いよいよボクの番で、無意識に「うわっ」と声を上げたが、あれれ、ロウリュなしの爆風は意外にも優しかった。真綿にくるまれた感じでイイじゃないか!

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今