【大富士】(大阪・十三)とんかつにかけるデミの仕込みは1カ月かけて

公開日: 更新日:

 イタリアンやビストロだと緊張する人も、洋食店だと気が楽だろう。そんな店に並ぶスパゲティやオムライスなどは、どこか懐かしい味わいで、見れば途端に食欲スイッチがオンになる。その一皿がテーブルに出されたら、腹が動きだし、胃袋が喜ぶ。さあ、洋食店で腹を満たそう。スパゲティ3店とライス系3店だ。

 年の頃は80歳前後。きまって毎週水曜日の午後2時にのれんをくぐり、自ら決めたお気に入りの指定席につく。注文は常にとんかつ定食。

「うん、ウマい。ホンマになつかしい。変わらん味や」

 いつもそう言って箸を進める男性客は、ある日を境に突然姿を消してしまった。

「もう5年になりますか。名前もわからないんですが、常連の中の常連さんだっただけに気になりますよね。トシもトシだし、元気でいてくれればいいんですが」

 昭和の薫りが残る阪急十三駅から徒歩2分。創業67年目を迎えた老舗食堂の3代目・中川知樹さん(41)のイチオシ料理は、そんな年老いた客に愛されたとんかつだ。初代から続く仕入れ業者に全幅の信頼を寄せ、豚肉は「いいものを」とだけ伝えてすべてお任せ。そして最大のウリは1カ月かけて仕込むデミグラスソースだ(写真は完成10日前)。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白