「ポイ活」はなぜダメ? 1000万円貯めた富女子たちがやめた5つの習慣とは

公開日: 更新日:

「やめたこと」ベスト5は?

 5年で1000万円を貯めたり、自分でマンションを購入したりできた「富女子(ふじょし)」となかなか貯金ができない「普通の女子」。両者の違いは何か――。実はもともとの給与や勤めている会社の規模はあまり関係ないという。大企業で年収1000万円近く貰っていても、貯金がない人もいれば、年収300万円でも1000万円貯めた人もいる。

1000万円を貯めた女子100人がやったこと、やめたことリスト」(日経BP)の著者で、ワイズアカデミー代表の永田雄三氏は、女子たちにお金の増やし方を教えるお金の教室「富女子会」を15年以上運営している。

 実際、教室の参加者のうち、1000万円の貯金を果たしたり、もう少しで1000万円に手が届きそうな「富女子」たち100人に「1000万円を貯めるためにやったこと、やめたこと」をアンケート調査すると、とくに「やめたこと」が興味深い。お金を貯めるためにすぐに見直せることは何だろうか。(以下、本文を再編集しています)

  ◇  ◇  ◇

 第1位 セールで買う・まとめ買いをする・少し遠くても安いものを買いにいく

 第2位 家計簿をつける

 第3位 風水の金運アップ法(財布の色にこだわった、年に1回財布を替えたなど)

 第4位 ポイ活(ポイント活用)

 同率5位 カード払いではなく現金払い

 同率5位 節約生活

 どれもやりがちだが、今回注目したのは4位の「ポイ活」。最近はアプリなども充実して貯めやすくなった一方、アンケート調査に応えた女子からは「貯まっているポイントは微々たるもの。おまけに、『ポイントがつく』と思うと節約意識が持てず、出費は減らなかった」「ポイ活アプリに登録したら、『お得な情報』が次々届くように。むしろ前よりも出費が増えたかも……」などの意見があったという。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今