ポイ活すると財布のヒモが緩む…選好の逆転現象の落とし穴

公開日: 更新日:

 買い物するたびにもらえるポイントを貯め、貯まったポイントで買い物をする活動を「ポイ活」という。ところが、ポイントを貯める目的で買い物をしてしまう人も増えている。

 東京都在住の小原由梨さん(41)の友人は、そのひとりだという。

「私もポイントは貯めますが、ある程度貯まったら使います。500ポイント以上は貯めたことはありませんね。しかし、友人は、『ポイ活』ならぬ『ポイ貯め』なんです。貯まっていくことがうれしいそうです」

 貯まったポイントを有効に活用するならいいが、ポイント目当てとなると本末転倒である。それの行きつく先は、無駄遣いだ。

「友人は、もともと買い物好き。加えてポイントを貯めるために買い物するのですから、お金は貯まりませんよね。何度か注意したことがあるのですが、『ポイ貯め』はやめられない様子です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る