史上32匹目! 激レアなアンコウの死骸が米オレゴン州の海岸に打ち上げられる

公開日: 更新日:

 米オレゴン州で極めてまれな深海魚の死骸が打ち上げられ、話題になっている。

 同州キャノンビーチの海岸を散歩していた人が発見したのは、「パシフィック・フットボールフィッシュ」というチョウチンアンコウの一種。

 同州のシーサイド水族館によると、光が届かない水深600~1000メートルに生息する極めてまれな深海魚で、これまでにニュージーランド、日本、ロシア、ハワイ、エクアドル、チリ、カリフォルニアなどで31匹しか確認されておらず、これは32匹目。オレゴン州では初めてだという。

 生態はほとんど知られていないが、雑食性で、他のアンコウの仲間同様、光を放つ前頭の誘引突起で餌を誘って捕食する。メスはオスの10倍も大きく、獲物を取るのはメスだけ。オスは目と内臓を失い、すべての栄養を寄生するパートナーのメスから得る。オスはメスに精子を提供するためだけに存在しているという。

 同水族館によると、この激レアな深海魚がなぜ海岸に打ち上げられたかは、専門家にとっても全くの謎。死骸は標本にしたりせず、そのまま海岸に放置して、自然のサイクルに任せたという。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽