浅草「水口」でわさび醤油かけた即席鉄火丼をかっ込みながら菊正をグビリの至福

公開日: 更新日:

 今ごろ、浅草かよと思われる読者も多いかと思いますが、いけ好かない言い方ですが、アタシら山の手生まれの人間にとって、浅草は近いようで遠い街。というか、子供の頃からずーっと灯台下暗しというような街なのです。

 アタシらにとっての繁華街は銀座、渋谷、新宿。浅草は、東京物語ではないけれど、地方から出てきた親戚を連れて行くところだった。そんな浅草を面白いと思うようになるのは一人で酒場に行けるようになってから。半村良さんの「浅草案内」に感化されたからなのだ。

 そんな浅草が、今では国際的観光地となっている。子供の頃はどんなに賑やかでもモノクロのイメージだったが、ここ数年でカラフルになり総天然色タウンに様変わりした。それは言うまでもなく各国からの外国人観光客が大量に流れ込んだからである。そんなわけでアタシの愛する昭和酒場にも外国人が来ているのか確かめに行ったのである。

 食事処「水口」は浅草六区通りからちょっと入った入り組んだ場所にある。いまだに一発で店にたどり着いたことはない。朝10時に開店し、通しで午後8時半まで。だから昼飲み大歓迎。昭和25年創業。定食屋としてスタートし、おかずをつまみに飲める食堂酒場として愛され、すでに70年以上がたつ。今日はここで昼間から一杯やろうって寸法。早速サッポロ赤星大瓶(690円)とマグロブツ(800円=写真)。このブツが素晴らしい。赤身から中トロ・大トロの切り落としが、ドサッと無造作に盛られている。

 貧乏性のアタシはこれだけでは贅沢過ぎるので、つい半ライス(150円)を頼んでしまう。箸休めにコロッケ(450円)も注文。揚げたてのコロッケほどうまいものはない……かな。ソースをたっぷりかけガブリ。アッツ! 口中の皮がめくれるほどの熱さ。そこに赤星をんぐんぐんぐ。く~、たまらん。食堂酒場はこれができるからいい。2人掛けのテーブル席には常連らしきおじいちゃんが日本酒をやりながらマグロブツとカレーライスだ。その組み合わせに驚いているようではまだまだ修業が足りないね。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差