米ミネソタ州のある湖で…女性作家と魚の“友情”が9年目を迎え話題に

公開日: 更新日:

 米ミネソタ州のある湖で、9年間も続いている女性作家と魚の友情が話題になっている。

 子供の頃から湖が大好きだったという作家のホリー・ジョーゲンセンさんは8年前の夏、ミネソタ州のある湖の桟橋にいた時、一匹のグリーンサンフィッシュが自分を見ていることに気がついた。ミミズをあげると、魚は喜んでそれを食べた。

「あんなふうに魚に見つめられたのは初めてでした」とホリーさん。魚に「グリーニー」という名前を付け、それから毎日のように桟橋に行き、餌を与えた。

 ホリーさんが湖に入って泳ぐと、グリーニーもついてくるようになった。「なぜグリーニーが私を特別に意識し、あんなふうに見つめ、ついてくるのかは分かりません。でも、素晴らしいことです」とホリーさん。

 彼女らの交流は、ホリーさんが湖の近くにやってくる夏の間だけ。湖の場所は秘密。グリーンサンフィッシュは普通に釣りの対象なので、グリーニーが釣られる危険を減らすためだ。

 9回目の夏になる今年も、ホリーさんが湖の桟橋に行くとグリーニーがいた。写真(ホリーさんのフェイスブックから)はその時のひとコマだ。地元テレビ局のKARE11は4年前に一度、ホリーさんとグリーニーの交流を放送。先日、この時の映像と近況を放送し、改めて話題になっている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」