宮城県図書館(仙台市)はまるで自然と調和する「宇宙船」

公開日: 更新日:

 緑豊かな杜の都、仙台。その郊外に位置する泉区。鳥のさえずりに耳を澄ませ、静かな森を歩くと、銀色の威容が姿を現す。まるで森に降り立った宇宙船に出合ったかのような、幻想的な光景だ。

 前身は明治時代の「宮城書籍館」及び、その後継である「宮城県立図書館」。1998年に現在の場所に新築移転した。

「過去の資料によると、『すべての県民に開かれた利用しやすい図書館』など6つのコンセプトがあり、その1つに『周辺の自然環境を生かした自然公園の中の図書館』という方針もありました。敷地周辺の残された自然の地形、植生を生かすことにこだわり、いくつかの尾根と2つの谷を残したまま、橋をかけるように建築されています。図書館の主要部分は『空中閲覧室』として木々の上に浮かんでいるようにも見えます。また、谷は『地形広場』となっています」(資料奉仕部の竹内透史氏)

 敷地内の森は自然公園として散策でき、「書見の道」として遊歩道が整備されている。いくつかのあずまやがあるから弁当持参でのんびり散策するもよし。館内1階にはレストラン(持ち込み不可)、1階と3階には飲食スペースがある。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」