米国でついに発売 女性版「バイアグラ」のスゴイ効き目

公開日:  更新日:

 数年前から話題の「女性版バイアグラ」がついに米国で発売される。FDA(米食品医薬品局)が女性用性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬「フリバンセリン」(商品名アディー)を初めて認可し、10月にも市販される見通しだという。

 スッタモンダの末、FDAが認可しただけあって、臨床試験の結果は上々。満足のいくセックスが月に2~3回のHSDD患者を対象にした治験では、フリバンセリン服用者は偽薬服用者と比べて満足した回数が月平均で0.5~1回多くなったという。

 中には6~8回も多かった患者もいた。セックスを楽しめないカップルにとっては夢のような薬だが、コレさえ飲めばイケない女もイキやすくなるのか。

「性機能不全の改善と一口に言っても、バイアグラとフリバンセリンの作用は異なります。性欲があるのに体がいうことをきかない男性の血流を良くし、勃起を促すのがバイアグラ。フリバンセリンは脳の神経伝達物質に働きかけて性欲を高める薬です。性衝動が強まったからといって、オルガスムスに達しやすくなるかは疑問です」(都内の婦人科医)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る