米国でついに発売 女性版「バイアグラ」のスゴイ効き目

公開日: 更新日:

 数年前から話題の「女性版バイアグラ」がついに米国で発売される。FDA(米食品医薬品局)が女性用性的欲求低下障害(HSDD)の治療薬「フリバンセリン」(商品名アディー)を初めて認可し、10月にも市販される見通しだという。

 スッタモンダの末、FDAが認可しただけあって、臨床試験の結果は上々。満足のいくセックスが月に2~3回のHSDD患者を対象にした治験では、フリバンセリン服用者は偽薬服用者と比べて満足した回数が月平均で0.5~1回多くなったという。

 中には6~8回も多かった患者もいた。セックスを楽しめないカップルにとっては夢のような薬だが、コレさえ飲めばイケない女もイキやすくなるのか。

「性機能不全の改善と一口に言っても、バイアグラとフリバンセリンの作用は異なります。性欲があるのに体がいうことをきかない男性の血流を良くし、勃起を促すのがバイアグラ。フリバンセリンは脳の神経伝達物質に働きかけて性欲を高める薬です。性衝動が強まったからといって、オルガスムスに達しやすくなるかは疑問です」(都内の婦人科医)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る