サミットの舞台となる賢島周辺の分煙環境

公開日:  更新日:

 名古屋から近鉄特急で2時間10分。来年の伊勢志摩サミットの舞台となる賢島(三重県志摩市)に着く。潮風が気持ちいいのどかな島だ。夏休みとあり、家族連れの観光客が多い。外国人観光客は見当たらない。改札口を出てすぐのバス停前に小さな灰皿がひとつ置かれている。覆いも何もない。どうやら、ここが喫煙場所のようだ。

 サミット会場となるホテルは全面改装中で、工事関係者の姿しかない。英虞湾に面した通りを歩き、サミット歓迎の、のぼりがはためく小さな食堂に入った。禁煙、分煙のステッカーも何もない。テーブルの上に灰皿がごく普通に置かれている。喫煙にうるさい都会から来ると、なんだか昭和の時代にタイムスリップしたかのようだ。

■参拝者でにぎわく伊勢神宮には喫煙所が整備

 再び近鉄特急に乗り、伊勢神宮をめざす。近鉄は日本で営業路線距離が一番長い私鉄。特急には喫煙車両のあるタイプのほか、喫煙ルームを設けたタイプも。この喫煙ルームが結構広く、軽く腰掛けて車窓の風景を眺めながら一服を楽しむことができる。喫煙者にやさしい電車だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る