斎藤貴男さん<下>権威をカサに一方的に潰しにかかるのが嫌

公開日: 更新日:

二木 最近の社会問題でいうと少数者排除があります。喫煙もそのひとつ。ちゃんと分煙環境をつくればいいと思うのに、受動喫煙防止法(健康増進法改正)の議論では、分煙も許さないという感じです。たばこを吸わない斎藤さんは今の風潮をどう見ていますか。

斎藤 その通りですね。僕自身は最初から吸わなかった。僕は1958年生まれですけど、僕らの高校生の頃、成人男性は吸わなければ男じゃないという状況でした。それで高校生ぐらいから周りは吸い始めるのですが、慣れていないからむせながら吸ったりしているわけ。それを見て嫌だと思ったのが最初ですね。

二木 当時は少数派だったわけですね(笑い)。

斎藤 ほとんどいなかった。僕が許せないのは排除する側はもちろんですが、排除されると吸わなくなる人にも腹が立つ。ガキの頃吸ってたのに、いつのまにか禁煙して、僕が禁煙をファシズムだとか言うと“お前なに古臭いこと言ってるんだ”と言い出す。(そういう人に対しては)吸うことも、吸わないことも世の中に合わせるなんて、よくできるなあと思いますけどね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  3. 3

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  6. 6

    菅原前経産相の再選後押し 立憲・国民の不毛なメンツ争い

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  9. 9

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る