• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

低所得者ほどたばこを吸う 米で喫煙率「貧富の差」が問題

 禁煙が進むアメリカでは、現在の喫煙率は史上最低の平均15%にまで下がっています。ところが、その喫煙率にも「貧富の差」があることが米国疾病対策センターの調べで判明し、問題になっています。

 学歴による喫煙率の違いの調査によれば、高校卒業資格のみのアメリカ人の4割がいまだに喫煙を続けています。また、地方に住むアメリカ人のたばこが原因による肺がんの罹患(りかん)率は、都市に住む人より18~20%高いこともわかりました。

 たとえばニューヨークで普通に生活していると、たばこを吸う人にまったく会わずに一日が終わることは珍しくありません。レストランやバー、オフィスや公共の場所は完全禁煙で、喫煙できるのは自宅か路上のみとなっています。

 テレビではたばこが原因の肺がんで苦しむ患者のコマーシャルが頻繁に流れ、全米で最も高い税金となる1箱1500円という値段も、禁煙を促しています。市のウェブサイトには禁煙したい人のための情報が満載。低所得者が禁煙パッチを無料でもらえるサービスもあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る