シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

低所得者ほどたばこを吸う 米で喫煙率「貧富の差」が問題

公開日: 更新日:

 禁煙が進むアメリカでは、現在の喫煙率は史上最低の平均15%にまで下がっています。ところが、その喫煙率にも「貧富の差」があることが米国疾病対策センターの調べで判明し、問題になっています。

 学歴による喫煙率の違いの調査によれば、高校卒業資格のみのアメリカ人の4割がいまだに喫煙を続けています。また、地方に住むアメリカ人のたばこが原因による肺がんの罹患(りかん)率は、都市に住む人より18~20%高いこともわかりました。

 たとえばニューヨークで普通に生活していると、たばこを吸う人にまったく会わずに一日が終わることは珍しくありません。レストランやバー、オフィスや公共の場所は完全禁煙で、喫煙できるのは自宅か路上のみとなっています。

 テレビではたばこが原因の肺がんで苦しむ患者のコマーシャルが頻繁に流れ、全米で最も高い税金となる1箱1500円という値段も、禁煙を促しています。市のウェブサイトには禁煙したい人のための情報が満載。低所得者が禁煙パッチを無料でもらえるサービスもあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る