シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米病院が開催 銃で撃たれても死なないためのトレーニング

公開日:

 6月に起きた下院議員を狙った銃撃事件は、米国全土を震撼させました。学校や公共の場所での無差別の相手を狙った銃撃事件は後を絶たず、こうした「マスシューティング」が全米のどこかで毎日起きているというデータがあるほどです。米国人は、いつどこで起こるか分からない銃撃事件への対応に頭を悩ませています。

 学校やオフィスでは、銃を持った犯人が侵入してきた場合の避難訓練を行うところも出ています。さらに一歩進んで、銃で撃たれた人の応急処置を教えようという動きも。銃で撃たれた場合の死因の9割は出血多量で、救急隊員が到着する前の数分間の止血が生存率を大きく左右するといわれています。

 日常的に銃による傷やナイフの刺し傷の治療を行うニューヨークのスタッテン・アイランドのリッチモンド大学病院では、一般市民を対象にした止血法の無料トレーニングを開催しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る