シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米病院が開催 銃で撃たれても死なないためのトレーニング

公開日:

 6月に起きた下院議員を狙った銃撃事件は、米国全土を震撼させました。学校や公共の場所での無差別の相手を狙った銃撃事件は後を絶たず、こうした「マスシューティング」が全米のどこかで毎日起きているというデータがあるほどです。米国人は、いつどこで起こるか分からない銃撃事件への対応に頭を悩ませています。

 学校やオフィスでは、銃を持った犯人が侵入してきた場合の避難訓練を行うところも出ています。さらに一歩進んで、銃で撃たれた人の応急処置を教えようという動きも。銃で撃たれた場合の死因の9割は出血多量で、救急隊員が到着する前の数分間の止血が生存率を大きく左右するといわれています。

 日常的に銃による傷やナイフの刺し傷の治療を行うニューヨークのスタッテン・アイランドのリッチモンド大学病院では、一般市民を対象にした止血法の無料トレーニングを開催しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る