座間事件で精神科医指摘 自殺志願者と殺人者は表裏の関係

公開日: 更新日:

 9人を殺害した疑いのある白石隆浩容疑者(27)は、後に自殺願望を否定しているが、父親には「生きていても意味がない」「何のために生きているのか分からない」と自殺をほのめかし、実際に飛び降りようとしたこともあったという。この発言を受け、ネット上では「そんなに死にたいなら自分だけ自殺すれば」といった批判が渦巻いている。

 ただし、殺人者と自殺志願者はまったく違うようで、実は表裏の関係にあるのだという。

「拡大自殺」(角川選書)の著者で精神科医の片田珠美氏はこう興味深い見方をする。

「フロイトは、自殺願望を他者への攻撃衝動が反転したものとみなしています。攻撃衝動も憎悪も初めはある対象に向けられ、それが途中で自分自身に反転する。自傷行為を繰り返す人は、自分を攻撃することで、元の対象に復讐した気になっているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る