二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

志茂田景樹さん(作家)<中>

公開日:

二木 1900回を超える読み聞かせ活動では、いろんな被災地も訪れ、被災した方々を励まされたとうかがっています。

志茂田 被災地を初めて慰問したのは福岡県西方沖地震(2005年)の時ですね。福岡市の避難所になっていた九電記念体育館で僕の『ぞうのこどもがみたゆめ』の読み聞かせを行いました。この物語は別れの場面が出てくるので、最初はまずいかなと思ったのですが、先入観を入れないでいつものようにやるべきだと思い直し、この作品を含め3作やったのです。やはり、『ぞう』を聞いて泣く子が一番多かった。まずかったかな、と思ったのですが、子どもたちが近づいてきて僕の手を握って放さない。「ひとりになってもしっかり生きていくんだよ」という作品のメッセージが伝わったんだな、と安心しましたね。

二木 東日本大震災(3.11)の後、東北へは行かれましたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る