二木啓孝
著者のコラム一覧
二木啓孝

1949年生まれ。鹿児島県出身。明大中退。日刊現代ニュース編集部長を経て、日本BS放送取締役・解説委員。

志茂田景樹さん(作家)<中>

公開日: 更新日:

二木 1900回を超える読み聞かせ活動では、いろんな被災地も訪れ、被災した方々を励まされたとうかがっています。

志茂田 被災地を初めて慰問したのは福岡県西方沖地震(2005年)の時ですね。福岡市の避難所になっていた九電記念体育館で僕の『ぞうのこどもがみたゆめ』の読み聞かせを行いました。この物語は別れの場面が出てくるので、最初はまずいかなと思ったのですが、先入観を入れないでいつものようにやるべきだと思い直し、この作品を含め3作やったのです。やはり、『ぞう』を聞いて泣く子が一番多かった。まずかったかな、と思ったのですが、子どもたちが近づいてきて僕の手を握って放さない。「ひとりになってもしっかり生きていくんだよ」という作品のメッセージが伝わったんだな、と安心しましたね。

二木 東日本大震災(3.11)の後、東北へは行かれましたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る