セックスにはアダルトグッズも 20代女子が使いたがるワケ

公開日:

 意外にアクティブな性生活を求めているようだ。TENGAが国内1200人の女性を対象に行った「性とセックストイに関する意識調査」によると、興味あるプレーについて最も支持を集めたのはアダルトグッズ(29.8%)だった。

 次いで、目隠し(23.3%)、ベッド以外でのプレー(19.8%)、拘束プレー(19.3%)、コスプレ(14.5%)となる。

 さらに、「セックス時に、男性からセックストイを提案されたら使用してみたいと思いますか?」の質問に対しては約7割が「思う」と答えている。それも20代後半は80%、20代前半は75%、30代前半は68%と、若い世代はより積極的だ。アダルトグッズメーカーの調査だから多少の忖度(そんたく)はあるにしても、これほど関心が高いとは意外だ。

「同世代の若い男性の性欲が減っていることに、不満を抱える20、30代女性は多く、年上の経験値の高い男性と付き合いたいというニーズは高まっています。ただし、年上の男性からテクニックや精神面での安心感は得られても、体力、持久力の面で劣るため肉体的な快感をいまひとつ得られないことがあります。そこにアダルトグッズを取り入れると、女性は完全な快感が得られるのです」(男女問題に詳しい作家の加藤文果氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る