薬がダメでもコレがある EDがグンと回復する“奥の手”とは

公開日:

「一生懸命頑張ったんです」

 今月3日放送のトーク番組「徹子の部屋」でそう語ったのは、タレントの加藤茶(75)。何かというと、7年前に再婚した妻(30)との子づくりのこと。「やっぱり頑張り切れなくて」と妻に申し訳なさそうに話していたが、当時68歳、頑張っただけでもすごい。

 男60歳ともなれば、持病の1つや2つあって当たり前。実は、加藤茶のケースは分からないが、その薬がEDを招いている可能性もあるという。昭和大藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授が言う。

「60代男性に多い病気に前立腺肥大症があります。それで処方された薬を服用すると、射精障害を発症することがあります。もうひとつは高血圧の薬で、β遮断薬とカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの薬を飲んでいる方は、勃起不全になりやすい。どちらのケースも、自分の年齢とEDを強く関連づけやすいので、薬のせいだと思わず、放置されやすいのです。薬を替えれば射精障害も勃起不全も治ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る