薬がダメでもコレがある EDがグンと回復する“奥の手”とは

公開日: 更新日:

「一生懸命頑張ったんです」

 今月3日放送のトーク番組「徹子の部屋」でそう語ったのは、タレントの加藤茶(75)。何かというと、7年前に再婚した妻(30)との子づくりのこと。「やっぱり頑張り切れなくて」と妻に申し訳なさそうに話していたが、当時68歳、頑張っただけでもすごい。

 男60歳ともなれば、持病の1つや2つあって当たり前。実は、加藤茶のケースは分からないが、その薬がEDを招いている可能性もあるという。昭和大藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授が言う。

「60代男性に多い病気に前立腺肥大症があります。それで処方された薬を服用すると、射精障害を発症することがあります。もうひとつは高血圧の薬で、β遮断薬とカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの薬を飲んでいる方は、勃起不全になりやすい。どちらのケースも、自分の年齢とEDを強く関連づけやすいので、薬のせいだと思わず、放置されやすいのです。薬を替えれば射精障害も勃起不全も治ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る