薬がダメでもコレがある EDがグンと回復する“奥の手”とは

公開日: 更新日:

「一生懸命頑張ったんです」

 今月3日放送のトーク番組「徹子の部屋」でそう語ったのは、タレントの加藤茶(75)。何かというと、7年前に再婚した妻(30)との子づくりのこと。「やっぱり頑張り切れなくて」と妻に申し訳なさそうに話していたが、当時68歳、頑張っただけでもすごい。

 男60歳ともなれば、持病の1つや2つあって当たり前。実は、加藤茶のケースは分からないが、その薬がEDを招いている可能性もあるという。昭和大藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授が言う。

「60代男性に多い病気に前立腺肥大症があります。それで処方された薬を服用すると、射精障害を発症することがあります。もうひとつは高血圧の薬で、β遮断薬とカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの薬を飲んでいる方は、勃起不全になりやすい。どちらのケースも、自分の年齢とEDを強く関連づけやすいので、薬のせいだと思わず、放置されやすいのです。薬を替えれば射精障害も勃起不全も治ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る