薬がダメでもコレがある EDがグンと回復する“奥の手”とは

公開日:

「一生懸命頑張ったんです」

 今月3日放送のトーク番組「徹子の部屋」でそう語ったのは、タレントの加藤茶(75)。何かというと、7年前に再婚した妻(30)との子づくりのこと。「やっぱり頑張り切れなくて」と妻に申し訳なさそうに話していたが、当時68歳、頑張っただけでもすごい。

 男60歳ともなれば、持病の1つや2つあって当たり前。実は、加藤茶のケースは分からないが、その薬がEDを招いている可能性もあるという。昭和大藤が丘病院泌尿器科の佐々木春明教授が言う。

「60代男性に多い病気に前立腺肥大症があります。それで処方された薬を服用すると、射精障害を発症することがあります。もうひとつは高血圧の薬で、β遮断薬とカルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの薬を飲んでいる方は、勃起不全になりやすい。どちらのケースも、自分の年齢とEDを強く関連づけやすいので、薬のせいだと思わず、放置されやすいのです。薬を替えれば射精障害も勃起不全も治ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る