性交を痛がる妻にはグリセリン含有潤滑ゼリーを使うべし

公開日:

 女性は年を重ねると、更年期障害や持病の薬などの影響で濡れにくくなることがある。それで、セックスがうまくいかず夫婦関係がギクシャクして……。そんな悩みを抱える夫婦は少なくないだろう。そんな60代のセックスにこそ試してみたいのが、ローションだ。

 しかし、使い分けが極めて大切。それを誤ると、かえって夫婦関係が悪くなりかねないのだ。官能小説家の大泉りか氏が言う。

「国内で主流のローションは、ポリアクリル酸ナトリウムが主な成分。これはぬるぬるとして粘度が高く、体の表面に塗ってプレーとして楽しむ分にはいいのですが、性交痛予防に使うのはよくありません。水分を吸収する働きがあり、膣に残っていると、膣内の水分が奪われて雑菌が繁殖しやすく、病気の原因になることもあるのです」

 一口にローションといっても、男性のオナホールの内側に塗られているもの、セックスのプレーで体に塗るもの、そして女性の性交痛予防に使うものがひとくくりにされている。最初の2つがローションで、性交痛予防に使うのは潤滑剤。これを選ばないとダメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る