“ママ活”にハマる2タイプ 30代草食女性とマダムたちの実態

公開日: 更新日:

 若い男性が、中高年女性と出会う「ママ活」サイトが相変わらず盛況だ。昨年11月には、SNSで「ママ活」を呼びかけた男子高校生が補導されているが、それだけ誘いに乗る女性がいるのも事実。実際、どんなタイプの女性が応じているのか。

「ママ活」女性を取材した男女問題研究家の山崎世美子氏によると、①男性経験の少ない30代女性②夫とセックスレス主婦というパターンが多いという。

「取材中に35歳まで処女だった女性に会いました。セックスに慣れることで、次に出会った人とスムーズに恋愛し結婚したいと考えて始めたとのことでした。自分の過去の恋愛を話さなくてもいい外国人の若い男性を選び、勤務先の飲食店で声を掛けて、直接契約したそうです。慣れるまで食事代+3万円のセックス代で10回ほど会ったといいます」

 ②のパターンでは、40代以上の銀行員の妻など、お金に余裕のある専業主婦に多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る