“ママ活”にハマる2タイプ 30代草食女性とマダムたちの実態

公開日: 更新日:

 若い男性が、中高年女性と出会う「ママ活」サイトが相変わらず盛況だ。昨年11月には、SNSで「ママ活」を呼びかけた男子高校生が補導されているが、それだけ誘いに乗る女性がいるのも事実。実際、どんなタイプの女性が応じているのか。

「ママ活」女性を取材した男女問題研究家の山崎世美子氏によると、①男性経験の少ない30代女性②夫とセックスレス主婦というパターンが多いという。

「取材中に35歳まで処女だった女性に会いました。セックスに慣れることで、次に出会った人とスムーズに恋愛し結婚したいと考えて始めたとのことでした。自分の過去の恋愛を話さなくてもいい外国人の若い男性を選び、勤務先の飲食店で声を掛けて、直接契約したそうです。慣れるまで食事代+3万円のセックス代で10回ほど会ったといいます」

 ②のパターンでは、40代以上の銀行員の妻など、お金に余裕のある専業主婦に多いという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る