草食系は古い?“新種”「ぶりっ子男子」「変態アピ」の生態

公開日:

 草食系や肉食系と、いろんなオトコが話題になってきたが、そこにまた“新種”が現れている。

 かわいさや変態さをアピールするタイプで、女性からは「ぶりっ子男子」と「変態アピ男子」と呼ばれている。「こじらせ男子の取扱説明書」(双葉社)の著者で、日本合コン協会会長の田中絵音氏が言う。

「ぶりっ子男子は、かわいさを売りにするのです。LINEのアイコンをワンちゃんとのツーショットにしたり、パンケーキ屋にやたら詳しいとアピールしたりします」

 女子の共感性を高めるキャラを生かして、女性の警戒心を下げるわけだ。

「かわいさを強調することで、背が低いとかお金がないというネガティブな要素を排除できるのです。こうした相手には女性も友達感覚で接するので、デートの誘いもすぐにOKする。おかげで“100人切り”を達成した男性もいるほど。ワンナイトラブに持ち込むハードルも低い。チャラ男が相手だと“遊ばれた”と感じますが、ぶりっ子が相手だと“友達とうっかり”という感覚で、恨みを買いにくいのです」(田中絵音氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る