育児中に公園で…若いママの“公然飲酒”が目立ち始めたワケ

公開日: 更新日:

 酒は「百薬の長」「人間関係の潤滑油」とも言われるが、育児中のママの大っぴらな飲酒はどこまで許されるのだろう?

 東京都に住む45歳の主婦Tさんは、10歳と4歳と、少し歳の離れた2児のママ。下の子は幼稚園に通っている。

「上の子の時と比べ、今のママ友はお酒が好きな人が多い。学期の終わりに親子でお茶やお菓子を持ちより、集会所で懇親会を開くのが恒例なのですが、今のクラスのママはお茶じゃなくて缶チューハイやビール。それも500ml缶の6パックとか、かなりの量。私も家では飲みますが、さすがに子連れの集会所では……って感じです」

 昼下がりの公園で、缶チューハイ片手に3歳くらいの子どもと遊ぶママを目撃したのは、埼玉県在住の元会社員Hさん(62)だ。

「泥酔しているわけでもなく、子どもの面倒はちゃんと見てたから、目くじら立てることもないのかもしれないけど、何かあった時にちゃんと対応できるのか、何でわざわざ公園で飲む必要があるのか、他人の目が気にならないのか、いろいろ不思議に思いましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る