第3世代高速機がカプセルを量産…PTの最先端製造現場とは

公開日: 更新日:

 喫煙環境の変化で加熱式たばこの需要が高まりを見せるなか、JTは17日、プルーム・テック・プラス(低温加熱式たばこ)の全国販売を開始した。それに先立ち、14日、静岡県磐田市にあるPTの製造ライン(JT東海工場=写真)がメディアに初めて公開された。

 同工場は敷地面積22万3176平方メートル。東京ドーム5個分という広大な敷地で、操業開始は1979年。同社の基幹工場である。ここではピースやメビウス・ライトなどの紙巻きたばことPT、PTプラスなどを製造している。今回は両方の製造工程を公開した。

 何といっても注目は最先端のPT製造ラインだ。ラインは原料加工工程と製品工程の2つ。原料加工工程(PT用顆粒製造工程)は、原料のたばこ葉をとことん細かく粉砕して顆粒にし、乾燥させて香りを加える。製品工程は、顆粒をカプセルに充填し、ブリスターというプラスチック容器に5個ずつ詰め、カートリッジと一緒にパッケージし、カートン詰めする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る