グルメサイト「食べログ」が加熱式たばこOKの店を大特集

公開日: 更新日:

 自宅トイレで隠れて吸っても煙たがられるし、ベランダに移動すれば今度はご近所トラブルが待っている。喫煙者のお父さんは肩身が狭くなるばかりだが、非喫煙者でも飲み会で煙をまとってくると、娘たちに嫌な顔をされる。

 朝日新聞のアンケートによると、「喫煙者がまとうにおいさえ嫌い」という人が9割もいた。

 健康増進法でオリンピック・パラリンピックが控える2020年4月までに禁煙が厳格化されるが、ここにきて加熱式たばこならOKという飲食店が増えている。紙巻きたばこはダメだが、臭いの少ない加熱式なら他の客にも迷惑が少ないだろうという理由らしい。

 厚労省も加熱式たばこについては経過措置を設け、喫煙室でならOKというスタンス。加熱式たばこの中でも最も臭いが少ない「プルーム・テック」にいたっては、全国で2600店を超え、さらに増える勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る