加熱式たばこの影響調査<上>

公開日:

 国の法律よりも厳しい規制強化の動きが地方で進もうとしている。愛知県豊橋市が加熱式たばこも紙巻きたばこと同等に規制する受動喫煙防止条例の制定方針を固め、市議会に説明したというのだ。「加熱式も呼気に有害物質が含まれる」とする同市は、来年の3月議会で条例案を提出し、成立を目指しているという。そこまで規制を強化するというのであれば、今後、市民が納得できる科学的知見を示すべきだろう。

 実際、加熱式たばこの空気環境や体内への影響はどうなのだろうか。厚労省の見解は「主流煙に健康影響を与える有害物質が含まれていることは明らかであるが、加熱式たばこの受動喫煙による将来の健康影響を予測することは困難」(同省のHP)というものだ。

 そうした状況のなか、10月から11月にかけ加熱式たばこが与える影響に関する2つの調査結果が発表された。「加熱式たばこ使用時の空気環境影響調査」と「プルーム・テックに関する科学的調査」で、いずれも日本たばこ産業(JT)が専門医の協力の下で実施した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る