動物行動研究者が解説 女性は性交前のオナニーで妊娠防ぐ

公開日: 更新日:

 自分が求めても相手にされないのに、嫌なときに求められるのがつらい。セックスをめぐる男女のギャップの典型で、男性の自分勝手なセックスで傷ついた女性が、満たされない気持ちをオナニーで埋める側面もあるようだ。そんな防御本能は、女性の体を変えるという。

「男と女の進化論」の著者で、動物行動学研究者の竹内久美子氏は、こう言う。

「一般的にマスターベーションをすると、自律神経のうち、副交感神経が優位になり、リラックス効果やストレス発散になるともいわれますが、私が注目しているのは、男女関係に不満がある女性にとっては、違う反応もあるという研究です。英マンチェスター大のロビン・ベイカーは、冷めた夫と仕方なくというような女性は、セックスの前にマスターベーションして粘液を出して、膣の奥にブロックを築くのではないか。その粘液が精子の侵入を防ぐ役割を担い、妊娠を防ぐ。マスターベーションで自分の気持ちを慰めつつも、潜在的には妊娠を防ぐ自己防衛反応が働いているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る