新型コロナ感染拡大も…米国セレブ乱交パーティー中止なし

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスは米国にも感染が拡大し、トランプ大統領が国家非常事態を宣言。大リーグもNBAも試合が延期となり、ブロードウェーも公演中止となった。

 ところが、アメリカのセレブたちの“秘密のセックスパーティー”として有名な、クラブ「Snctm」(写真)は、予定通り開催され物議を醸している。

「Snctm」はビバリーヒルズやハリウッドのVIPたちが参加する乱交パーティーで、あのアンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットと破局の数カ月前に参加したと報じられたこともある。

 男性の参加費は1回約20万円、年会費は最高で約1000万円。女性は無料だが、厳しい審査があり、性的に冒険的なモデルや女優、または医師や弁護士が多いという。毎週土曜日、超一流ホテルなどで開催され、参加者は100人ほど。服装は、男性はタキシード、女性はランジェリーとハイヒール、またはコスプレ。男女とも仮面を着け、顔を知られることなく、欲望を達成する。会場内のソファで人前で堂々と嬌声をあげる男女もいれば、別室のベッドに移ることもできるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

もっと見る