1年で最も勝率のいい“株高の日” 1月14日は「買い」?

公開日: 更新日:

 1月14日は「株高の日」――。日経平均の騰落率を月日別で見ると、年間を通じて、この日が最も勝率が高い。戦後は上昇37回、下落10回で、勝率は78.7%。絶好の投資日和ということになる。
「外資系の投資ファンドや国内の機関投資家は、年初に投資戦略を練ります。実際に動き出すのは1月の第2週ぐらいからなので、14日前後に買いが集中し、株高になるのでしょう」(市場関係者)

 とはいえ、前日13日の勝率は53.1%で、翌日15日は55.6%。兜町でよく言われるアノマリー(根拠のない理論)としかいいようがない。

 実は2月11日が勝率80%(12勝3敗)でトップなのだが、1967年に祝日(建国記念の日)となってからは休場。ちなみに勝率75%超えは、あとは5月4日(76.7%)のみだ。
「週明けの14日は朝イチで買いを入れ、高値になったところで売り抜けるのがベスト。平均株価は75%以上の確率で上昇しますから安心です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る