1年で最も勝率のいい“株高の日” 1月14日は「買い」?

公開日: 更新日:

 1月14日は「株高の日」――。日経平均の騰落率を月日別で見ると、年間を通じて、この日が最も勝率が高い。戦後は上昇37回、下落10回で、勝率は78.7%。絶好の投資日和ということになる。
「外資系の投資ファンドや国内の機関投資家は、年初に投資戦略を練ります。実際に動き出すのは1月の第2週ぐらいからなので、14日前後に買いが集中し、株高になるのでしょう」(市場関係者)

 とはいえ、前日13日の勝率は53.1%で、翌日15日は55.6%。兜町でよく言われるアノマリー(根拠のない理論)としかいいようがない。

 実は2月11日が勝率80%(12勝3敗)でトップなのだが、1967年に祝日(建国記念の日)となってからは休場。ちなみに勝率75%超えは、あとは5月4日(76.7%)のみだ。
「週明けの14日は朝イチで買いを入れ、高値になったところで売り抜けるのがベスト。平均株価は75%以上の確率で上昇しますから安心です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る