調整局面の今がチャンス! NISAで狙う高配当26銘柄

公開日: 更新日:

 日経平均は大発会から2日続けて続落したが、証券各社に悲愴感はない。

「昨年末に9連騰した反動で、若干、調整しているだけでしょう。個人投資家は絶好の押し目と判断し、買いを入れています。今年スタートしたNISA(少額投資非課税制度)が好材料です」(市場関係者)

 NISAの投資額は年100万円までと決まっているが、売却益や配当金にかかる税金は最大5年間無税になる。申し込み口座数は、すでに400万口座を超えた。松井証券マーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「6、7日の2日間だけで、NISA口座を開設した人の約15%が株式を購入しました。人気が高いのはブルーチップと呼ばれる優良銘柄で、しかも高配当の銘柄。利回り3.97%のキヤノンや、3.75%の武田薬品、3.51%の三井物産などです」
 配当利回りの平均は1.47%だから、確かにウマみのある銘柄だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る