調整局面の今がチャンス! NISAで狙う高配当26銘柄

公開日: 更新日:

 日経平均は大発会から2日続けて続落したが、証券各社に悲愴感はない。

「昨年末に9連騰した反動で、若干、調整しているだけでしょう。個人投資家は絶好の押し目と判断し、買いを入れています。今年スタートしたNISA(少額投資非課税制度)が好材料です」(市場関係者)

 NISAの投資額は年100万円までと決まっているが、売却益や配当金にかかる税金は最大5年間無税になる。申し込み口座数は、すでに400万口座を超えた。松井証券マーケットアナリストの窪田朋一郎氏が言う。

「6、7日の2日間だけで、NISA口座を開設した人の約15%が株式を購入しました。人気が高いのはブルーチップと呼ばれる優良銘柄で、しかも高配当の銘柄。利回り3.97%のキヤノンや、3.75%の武田薬品、3.51%の三井物産などです」
 配当利回りの平均は1.47%だから、確かにウマみのある銘柄だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る