「消費増税だからこそ…」ベアに踏み切った中小企業の心意気

公開日: 更新日:

 2014年度ベースアップ(ベア)の幅をめぐる駆け引きが本格化している。トヨタ自動車が月4000円(給与の1%強)の労組要求を満額回答するか見ものだが、主要108社の83%はベアに消極的だ。そんな中、円安に苦しむ地方の中小企業が「5%アップ」を打ち出した。安倍首相は、その背景を知っているか!?

■大手はヤル気なし

 アベノミクスによる景気回復の効果を波及させるには、労働者の給与が上昇することが不可欠。これが実現しなければアベノミクスは失敗になる。そのため、安倍政権は法人税減税を10%を軸に調整し、企業側に賃上げを求めていたが、その企業は安倍の顔を立てるどころか、定期昇給や臨時賞与でお茶を濁すハラだ。

 共同通信社によると、対象の主要104社のうち、従業員の賃金を前年度比で「上げる」と回答したのは、全体の17%。賃金全体を底上げするベアを明言したのは、なんとゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る