ドコモ抜きでSBが業界トップへ 始まった逆転劇ラッシュ

公開日: 更新日:

 ソフトバンクの孫正義社長(56)は14年3月期決算発表で、本業の儲けを示す営業利益が初めて1兆円を超えたと喜びをあらわにした。「いずれトヨタを抜き圧倒的な1位になる」と意気込んだが、そのトヨタは8日、決算を発表。営業利益は2兆2921億円と、ソフトバンクの2倍以上で着地した。格の違いを見せつけた格好だ。

 ただソフトバンクは純利益で、ライバルのNTTドコモを初めて抜いた。売上高、営業利益、時価総額のいずれもドコモを上回り、業界トップに躍り出たのだ(別表参照)。

アベノミクスによって、日本経済は混迷し、大手企業も対応に苦慮しています。一歩、戦略を間違えれば、売り上げが激減し、株価も低迷します。ソフトバンクとドコモのように業界の首位が次々と交代する可能性があります」(経済ジャーナリストの真保紀一郎氏)


■注目はセブン&アイVSイオン、楽天VSヤフー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  10. 10

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

もっと見る