ソニーと同じ道…再び赤字転落 シャープに残された“延命策”

公開日: 更新日:

「目の付けどころがシャープ」じゃなくなったのか。経営再建中のシャープが再び崖っぷちに追い込まれた。3日に公表した15年3月期の連結最終損益が従来予想の300億円の黒字から、300億円の赤字に転落する見通しとなったのだ。

 最終赤字は13年3月期以来、2年ぶり。「世界の亀山モデル」で知られた「液晶テレビ」で家電業界を一世風靡した面影はすっかり消えた。テレビ事業の採算悪化で経営不振が表面化したのは3年前。起死回生を狙って注力した中国市場向けの中小型液晶パネル事業が振るわなかったのが、今回の赤字転落の要因だ。

「業績低迷は、中国市場の競争激化です。とくに大手の『小米科技(シャオミ)』向けのビジネスを同じ日系企業の『ジャパンディスプレイ』に奪われたのが大きい」(経済紙記者)

■見つからない「稼ぎ頭」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る