巨大外資「ブラックロック」に乗れ 市場で囁かれる“28銘柄”

公開日: 更新日:

 夏枯れ相場とは、ほぼ無縁――。兜町から勇ましい声が聞こえてくる。

「売買代金こそ多少、落ち込んでいますが、それでも11日は売買代金が活況の目安である3兆円近くに膨らんだ。御の字ですよ」(市場関係者)

 例年、お盆の時期は証券ディーラーが夏休みを取るため売買高は薄くなりがちだが、今年は個人投資家や海外勢が日本株を買いまくっている。株価は底堅く、11日の日経平均は一時2万946円と年初来高値にあと一歩まで迫った。

「いまの流れに乗れば小遣い程度は稼げます。狙い目は、外資が買い漁っている銘柄です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用委託先であるブラックロックグループに相乗りするのが一番でしょう。政府筋の意向を受け、東芝株を買い支えたと兜町で話題になったファンドです」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  5. 5

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    GoTo強行もお盆帰省するな 西村担当相“禅問答”の支離滅裂

  8. 8

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

もっと見る