9%超に買い増し 旧村上ファンド“東芝乗っ取り”の現実味

公開日: 更新日:

 不気味としか言いようがない。“旧村上ファンド”の出身者が設立したエフィッシモ・キャピタル・マネージメント(本社シンガポール)が、東芝株を買い増したのだ。

 エフィッシモは3月下旬、突如、東芝の筆頭株主(8.14%保有)に躍り出て、市場の話題をさらった。「高値で早々に売り抜け、ひと儲けする作戦」というのが大方の見方だった。

 ところが先週7日、エフィッシモは関東財務局に大量保有報告書(変更報告書)を提出。保有比率が9.84%まで高まったことが明らかになった。

「まさか……ですよ。3月に旧村上系ファンドが筆頭株主になったというニュースが流れたとき、東芝株は一時10%高の228円まで上昇しました。エフィッシモは、それよりずっと安い株価で大量購入したはずなので、“売り抜ける”タイミングはいくらでもあったでしょう。でも実際には売却どころか、買い増していた。こうなると、純投資ではなく別の理由があるのではないかと勘繰りたくなります」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る