降水量は例年の半分 この夏の狙い目銘柄は「空梅雨」関連

公開日: 更新日:

 梅雨はどこへ行ってしまったのか――気象庁の統計によると、7月1日までの30日間、東京の降水量は平年の54%にとどまる。仙台は49%で名古屋も63%、大阪は76%、福岡も66%と低水準。全国的に今年は降水量が少ない異常な「空梅雨」となっている。

 気象予報会社ウェザーマップによると、「今年は、西日本や関東、東北の太平洋側など多くの地域で低気圧の力が弱く、降水量が少ない。今後もこの傾向が続く可能性がある」という。今年は、このまま夏に突入してしまいそうだ。

■ビールに空調、レジャーと幅が広い

 なんでも材料にしてしまう兜町は、さっそく「空梅雨」関連銘柄を話題にしている。どんな「空梅雨」関連銘柄を狙えばいいのか。株式評論家の杉村富生氏はこう分析する。

「まず筆頭に挙がるのが、清涼飲料水やビールメーカーのキリンHDやアサヒHDです。夏本番が早く到来すれば、害虫対策銘柄としてフマキラー、アース製薬にも注目です。レジャー関連のスノーピークも面白い。同社は質の高いキャンプ用品の他、キャンプ場も運営しています。晴れの日が多くなれば、『家族でキャンプへ』という需要が強まるでしょう。注目銘柄です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る