スバルも無資格検査 日本の製造業が上昇相場を台無しに

公開日: 更新日:

 頼むから水を差すのはやめてくれ――。株式市場から不満の声が上がっている。

「SUBARU(スバル)ですよ。10月相場は好調が続き、日経平均は先週末(27日)に21年3カ月ぶりとなる2万2000円の大台に乗せた。年末に向かって上昇機運が高まっているのに、スバルの無資格検査で失速を心配する声が出始めています」(市場関係者)

 日経平均は27日、前日比268円高(プラス1.24%)で終えたが、スバルは前日比106円安(マイナス2.60%)だった。

「神戸製鋼所のデータ改ざん、日産自動車の無資格検査に続くスバルの失態です。日本の製造業はたるんでいるのではないか。海外投資家は辛辣になっています」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 スバルは30年以上にわたって、無資格者による完成検査を行っていた。不幸にも、不正発覚が東京モーターショー(東京ビッグサイト)の開幕時期と重なったため、海外からの注目度は自然と高まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る