連騰相場の主役 米ブラックロックが買い漁った「63銘柄」

公開日: 更新日:

 株式市場は、史上初の16連騰に沸いた。25日に連騰記録は途切れたが、26日は再び上昇に転じ、日経平均は前日比32円高の2万1739円で引けた。

「連騰相場を牽引したのは海外勢です。その海外勢は衆院選の与党勝利で、アベノミクスは継続されると判断しています。この先も、日本株を一段と買い進む可能性は高い」(証券アナリスト)

 26日、東証が公表した10月3週(16~20日)の投資部門別売買動向によると、海外勢は4452億円の買い越し。4週連続の買い越しで、合計額は約1兆7640億円に達した。

「なかでも投資ファンドの米ブラックロックに注目が集まっています。実は、このファンドは日本株の保有額でトップ3に入る巨大さなのです」(市場関係者)

 日本株保有のトップはGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)で、保有額は約47兆6000億円(2017年6月末)。その次がブラックロックだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る