パラリンピック選手に出会い方針転換したトヨタ豊田社長

公開日: 更新日:

 自動運転について、業界トップのトヨタ自動車は当初、積極的ではなかった。「自律走行技術はドライバーとの協調によって、事故ゼロを目指すのが目的」と強調し、長らく自動運転という言葉を使うのをあえて避けてきた。

 それは豊田章男社長の考え方によるところが大きかったためだ。自らテストドライバーとしてハンドルを握る豊田社長は「車を操るのはあくまでも人間」と公言し、自動運転技術は「人間が安心して車を運転できるようにサポートするための技術」と位置づけてきた。

 そんなトヨタが2015年ごろに大きな方針転換をする。きっかけになったのは豊田社長が格好いい車に乗りたがっているパラリンピック選手たちに会ったことだ。それを境に「運転することができない人を含むすべての人に移動の自由を提供する」という方針が生まれ、“完全自動運転”に向けてグループを挙げて積極的に取り組むことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る