ワセダクロニクル渡辺周編集長<4>当局提供ネタよりも発掘

公開日: 更新日:

 2000年4月、朝日新聞に補欠合格した渡辺は新聞記者になった。初めての報道現場である。

 初任地は島根県だった。1年目は当然、県庁、警察回り。その他に、イベントや季節ものを書かされた。

「真夏日」の取材を命じられた渡辺が書いたのは、イギリスから来たサーカス団のトラたちが暑さでぐったりしている記事である。整理部の先輩が悪ノリして「暑い真夏日 帰りタイガー」と見出しをつけたが、実際の紙面では「サーカスのトラ ぐったり」になっていた。

 ま、たわいのない季節ものなのだが、入社後半年研修の際、渡辺は自分の「自慢の一本」として、この記事を持って行った。同期たちは、警察取材の「抜きダネ」を持ち寄った。渡辺は「帰りタイガー」取材の苦労話を説明した。講師役の記者は「もうええわ」と遮った――。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  10. 10

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

もっと見る