ワセダクロニクル渡辺周編集長<3>記事にお金がついてくる

公開日: 更新日:

 2015年の夏、渡辺は記者仲間と、韓国の調査報道団体の見学に行った。向かったのは、非営利のニュース組織である「ニュース打破」だ。購読料を設けず、4万人の会員の寄付によって運営されている。李明博政権を批判して韓国の大手テレビ局を解雇された記者たちが始めた組織である。

 彼らは解雇された直後、組合の会議室のようなところを間借りした。どうせ、こうやって言論弾圧されるのであれば、一発、華々しいスクープをやって散ろう。そんな覚悟で寄付を募り、スクープを流したら、これがヒット。「次も期待している」「続けてくれ」とどんどん寄付が集まってきたのである。それが今や、4万人。

「打破」では皆が生き生きと働いていた。彼らと飲み、食い、相談した。徐々に「自分も」という熱い思いが突き上げていく。

 しかし、それでも渡辺は逡巡した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る