ワセダクロニクル渡辺周編集長<5>気が付けば同士が自然に

公開日: 更新日:

 2013年、朝日新聞の特報部に移った渡辺は水を得た魚のように活躍した。NUMO(原子力発電環境整備機構)の核燃料再処理処分場を取材する過程で、言葉巧みに処分場の応募を促す詐欺師を突き止めたのも渡辺である。

 ところが、その特報部は2014年、いわゆる「吉田調書」で激震に見舞われる。

 調書に基づいて、朝日が「福島第1原発にいた作業員が『所長命令に違反 原発撤退』」と報じた記事がその後、大問題になったのである。

 2014年9月11日、「吉田調書」記事は取り消され、朝日新聞は謝罪した。訂正ではなく取り消しにし、臭いモノにフタをして責任回避しようとする経営陣に対し、渡辺は憤った。社員総会でも積極的に発言し、かみついた。こんなことでは調査報道などできない――。こう追及する渡辺の舌鋒は鋭く、他の記者は「あんまり吊るし上げないほうがいいよ」と忠告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

もっと見る