創業100年パナソニック 働き方改革「留職・復業」制の狙い

公開日: 更新日:

 創業100周年を迎えたパナソニックが社員の働き方改革の推進に取り組んでいる。ひとつはパナソニックに籍を置いたまま風土や価値観の全く異なる他社に籍を置く「社外留職制度」。さらに、現在の所属部署に籍を置きながら、社内の他の部署と掛け持ちで働く「社内複業制度」だ。

 いずれも公募制だが、「社外留職」は入社4年以上で、現在の部署で1年以上働く社員が対象。希望する企業へ最長1年間派遣され、組織内では身に付けにくい、新しい能力を身に付けることが狙い。また「社内複業」は、最長1年間、他部署との複業で新たなスキルの習得を目指すというもの。働き方改革の進捗状況を同社の広報室は、「『社外留職』は公募から5人を絞り込んでいる段階で、制度をスタートさせたばかりなので、どの企業にお世話になるのかもまだ調整中です」と説明する。

 異業種企業への社員の派遣は、すでに出向などで多くの企業が実施。社内の他部署への兼業もダブルジョブといった形で取り組んでいる企業が少なくない。働き方改革の新制度について同社幹部がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る