ハブ 太田剛社長<3>営業部長時代は強みと個性を忘れて迷走

公開日: 更新日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗運営している「ハブ」。もともとハブは、ダイエー創業者の中内功が設立したものだ。

 大学時代、駅伝選手として鳴らした現社長の太田剛は、1982年夏の就職活動でハブの説明会に出席。「HUBを10年で1000店舗展開する」という壮大な構想に引かれ、大卒定期採用の3期生として83年にハブに入社した。当時、まだHUBは、神戸市三宮をはじめ6店舗しかなかった。

 太田は85年には六本木店店長、86年には渋谷店店長に就き、営業の第一線で力を発揮した。

「HUBは神戸や六本木など、外国人や海外旅行経験者が多い地域は繁盛しましたが、ダイエーの戦略で出店した札幌や平塚はほとんど来客がありませんでした。HUBが採用したキャッシュ・オン・デリバリー方式が、居酒屋文化に慣れた日本人に通用しなかったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る